FC2ブログ

京都ウエストFC

KYOTO WEST FOOTBALL CLUB ~Since1999~

セレマカップ 第52回京都少年サッカー選手権大会 JFA U-12 サッカーリーグ 2019 前期 西ブロックリーグ第3?節

リーグ戦第3節はバーモントカップと被ったんで予備日程で開催。

キレイになった吉祥院。
やっぱりちょっとスペシャルですね。
ええわー、あそこ。


余談ですが。
午前中は協会の審判委員会が使用していて、テレビでお馴染み?の和田りっちゃん(と気軽に呼べる仲ではないですが)がおられたりして「テレビでみかける人がいる~」なんて思っていたら、今日も下鳥羽におられました(笑
どうもやっぱり今後は関わる立場の方のようで、今日はちゃんとご挨拶しときました。すごい気さくな方です。



で、雨降るんは既定路線で前日の予報だと相当荒れるとか言うてたのに。。。。。。試合中ほとんど降らず。。。。。なんでやねん。
降ると思って用意してこなかったけど、せっかくの芝だしカメラ振り回そうと思ってたのに予想外すぎる。
とまぁありがたい天気ではありました。



太秦B
常磐野
の試合順。


う~ん、ここまでの結果を見る限り後のほうがしんどそうかなと、というオーダー。
q2FaRiNFF_3355r1560685378.jpg



桂さん、いやー勝ちきれへんな。。。。
ちゃんと見てなかったけど、失点の直前にメンバー交代をさせたから、失点はそのせい?
そのあと相手の中途半端なクリアだっけ?、カンタがいいところで拾ってゴールしてくれたのは良かったけど、いやーそれにしてももう少し点獲れたよな。。。

ていうか下のシーン。
ペナエリアちょい外でのハンド?でもらったフリーキック。
バーに当たったんだけど、、、、相手選手もやけど、ほぼほぼ全員棒立ちやん笑
ちょっと一回練習しとかなあかんな。。。
SiERQx174iyUAcl1560687516.jpg







太秦B戦。
この前のようにいかんよなー、なんてのはちょっと当日感じてて、実際相手の動きが激変してたのでちょっと危なかったですね。
内容では後手後手でイマイチ。
でも、ここでも大量失点しなかったんでまぁ良しとしようかな。
y7MQL_zrS0_R0vq1560685465.jpg



常磐野さん。
なぜかこの前はうまくハマったのに、同じように行かないのもサッカーですな。
ただ、ウラをなんどかとられまくった左サイドが数本目には対応できつつあったのは良かった。
加えて。
それを危険視した中の二人がポジションを6年と4年のエース二人が自発的に入れ替わったのが感動的やったなー。
まさに目指すところがここなんですよねー。
コーチが伝えるまえに気づいて実践できるなんてサイコーです。

それでもちょっと対応ができないところがあって失点を重ねたんですが、、、、諦めず点を獲りにいけたのが良かった。
以前やったらそのまま失点を重ねることが多かったしね。

パス交換しながら前進できてフィニッシュまで持っていくなんて素晴らしすぎる。
そんなんでマナマナが決めた得点は、最後左足のアウトサイドで横にズラしたんかと思ってたら、ママさんの撮った動画みたら右足やった。。。本人に「左足で切り替えしたのは良かったな」っていう言葉に「?」ってなってたのはそれやな。
j0s9Irt8eBZZ6Jk1560687760_1560687840.jpg



とにかくこの日はほぼほぼ全員がいいシーンを見せてくれたかな。
常磐野戦なんてベンチの応援もノリノリやったし。
松陽のスタッフが予備審されてたけど、たぶん笑ってた笑



あと課題は、相変わらず、を繰り返す数人の選手ね。
う~ん、伝え方の問題かな。。。

この日の少し前に長友のフィジカルトレーナーの人と少し話をしててちょっと良いことを聞いてたんで、ちょっと無理やりそれを意識させたんですけど、ゲーム中に強く言わないと思い出せないんだよなー。
う~ん、どうしたらいいんだろ。


とにかくこの流れでいけば後期は俄然期待できるんでさらなる積み上げをしていきましょ。

そして試合終了して片付け後に雷さん来襲で、とにかく試合中降られずにすんで良かったなー。
ホンマ、カメラ、持ってきたら良かった。

| U-12 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

JFA バーモントカップ 第29回全日本U-12フットサル選手権大会 京都府大会 予選ラウンド

昨日のU-12はバーモントカップでした。
フットサル、です。

正式名称
JFA バーモントカップ 第29回全日本U-12フットサル選手権大会 京都府大会 予選ラウンド
相変わらず長い。。。

このバーモントカップ。
京都ではグループ予選を1位突破すれば京都府大会。
そこでも優勝すれば全国大会へ!
フットサルの全日やね。


会場はココ、丹波自然運動公園の体育館。
入んのは初めて。
IMG_4845.jpg
周囲ぐるりとギャラリー席みたいなのがあるんかとばっかり思ってたけど、無かった。





今回招集したメンバーは6~3年生。
あまりスタイルは気にせずセレクトしたメンバーは、なんだかオフェンシブなメンバーになったことにあとで気づく(汗

3週間ほど定期テスト対策のような詰め込みでフットサル特別練習したけど、活かすことができるのか!?
IMG_4851.jpg




今回の対戦するグループには、

リノ
比叡
ランファン

強豪っすね。
抽選会なかったけど、、、誰だよこんな組み合わせにしたのっ。

でも、強いとこ、大好きなんでちょっと嬉しい笑
ランファンさんは16期んときにバーモントカップで対戦させてもらってて、そんときは敗戦してるだけに、ひとりひっそりリベンジ気分。



IMG_4867 (1)
でも10分ハーフって早すぎんねん。。。
しかもリノ戦、比叡戦は追い込まれっぱなしやし。。。
写真、ほとんど撮ってられへん。。。



3試合目、ひとりリベンジ気分のランファン戦。
ここまでの2本目までで動きの良さげなメンバーを固定して臨ませます。
IMG_4865.jpg
出遅れてますよ笑



前半終わって、1-2だったかな?
ええ感じやん。
インターセプト、バンバン狙ってるし。


ハーフタイムになっても「このままで行きたい」との声
珍しく意見を聞けた。
じゃあ後半もメンバーそのままで行かせましょ。


でも疲れるんですよねー、フットサルって。
ていうか疲れるフットサルやるんですよ。。。この子たち笑。
すぐターンして、すぐ前に運んで、すぐ奪われて汗


なので、後半序盤からちょっとずつ交代を含めながら、相手のストロングポイントを止めにも行かせます。
ここで4年のリオ。
一回りも大きい相手選手をおさえることに大成功。
追いつき離され。
そして劇的な終了5秒前のシュートが決まり同点に追いつき終了。


3~5年のエースがそれぞれ決めるも、6年エースが大事なところで外すっていうね。
もう少しってところでリベンジしそこねた笑
でもナイスゲーム!
(やし写真撮れてへん。。。)


結果的にはキレイに教えたことが再現できるシーンはほとんどなかったけど、ボールを扱うなかで「どうしてこうするのか」っていう部分を頭の片隅にでも置いといたら、この先もう少しボールが扱えるようになったときに活きてくるはず。




で、府大会には進めなかったけど、彼らの素敵なところが見られた良い日でした。
IMG_4877.jpg


リノ-比叡戦を観戦する子たち。
特に強要したわけでもなく、勧めたわけでもなく、自分たちから
「見てから帰りたい」
と言う子たち。
ハーフタイムになっても、「最後まで」って。

どっちのチームにも手痛い敗戦を経験させられたんですけど。
でも両チームのプレーに釘付け。

サッカーがうまくなるのは当然嬉しいですけど、対戦相手同士、しかもどっちにも惨敗を喫したチームのゲームを素直に観戦できる子に成長してくれるのもすごく嬉しいっすね。



そして参加賞はもちろんバーモントカレー笑
IMG_4890_20190609090634715.jpg

| U-12 | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年6月 予定表

田植えが一段落した2019年6月の予定表です。

| ● ALL WEST | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

街クラブ

5月も終わりかけですけどGWんときのOBのお話をすこし。
アップしようと何度も記事書き直してたらこんなタイミングになってしまった。



いま高校サッカーはインターハイシーズン。
ユース世代のクラブチームだとクラブユース選手権。
15~17期のOBの何人かもこのどちらかで頑張ってますね。 (頑張ってるはず、だよね?



高校サッカーはウチの次男と三男が所属した、している、ので何度か観戦しに行ってます。
まぁ観に行くといろいろ思うことがありますね、指導者なんで。
ウチの子がどうこう、というよりも、高校サッカー自体にね。


で、じゃぁクラブチームはどうなんだというところがずっと気になってまして。
クラブチームといってもJ下部組織ではなくいわゆる街クラブ。
J下部は露出も多いほうやし13期アイキも映像で観たことあるしね。
でもユース世代の街クラブってどうなんだろう?と。


で、GWはプライベートで四国に行く必要があったん行ってたんですが、たまたま空いた日に17期OBのユウシが所属するクラブチームの試合が近くであるっていうんでちょっと観てきました!



実はこのちょっと前、GWでの前半はウチの三男とユウシが御殿場で隣の会場でそれぞれ試合をしていたらしく。
↓ こんな感じね。
59713338_2409532735746114_6037094146806644736_n (1)

違う大会だったんで対戦することもなかったようですけど、こんなこともあるから面白いですねー。
みんなサッカー続けてな。



で、ユウシの試合。
近くっていっても70kmほど離れてた笑
広がる小麦畑の先にあったキレイな人工芝グラウンド。
IMG_0463 (2)

IMG_3112 (2)
ゴールを含め付帯設備の使用は無料。
京都市内ではありえへん。

アップするところから観たかったけど、着いたときはちょうどキックオフ直前。。。残念。
imabari.jpg



結論。
数少ない高校世代の試合観戦での比較なのですべてにあてはまらへんけども、クラブチームの試合の進め方の方が好みかな。

高校サッカーのトップクラスとクラブチームのトップクラスは似ているのかもしれないけど、そうではない多くの選手が所属するであろうちょっとその下ぐらいのクラスだとその差は大きく違いそう。
力量、とかじゃなくて、サッカースタイルというかサッカー観というか。
(そもそもこの1試合のためだけにそれぞれのチームが集まるっていうね、そこからして考え方が違う。)

部活とクラブチームの存在意義の差、と言ってしまえばそうかもしれませんが、、、。


どっちがいい、とか僕が決めれるものではないですけどね。
ただ僕がウエストでやってることの先にあるのは高校サッカーではなくクラブチームの方っぽいかなー。(当てはまらない高校も存在します。)

ちょっとこれ以上書くと長引きそうなので割愛。
気になる方は聞きに来てください。


ちなみにこの日のユウシ。
GW最終日あたりで疲労が溜まっていたのか動きが重く感じられました。
しかも、チームとしてなにか狙いがあったんだと思いますけど、ちょーっと活躍しづらそうなゲーム展開でしたね。

ていうかこの日の相手チーム(レノファ山口)はちょっとエグかったかなー、という印象。
ほとんどワンサイドゲームだったし。
2学年上までいたかもしれない。


ひとり海の向こうに渡る決意をしたユウシ、これからも応援してるで。

また機会があれば他のOBの試合も観にいくんで情報ください。

| ● ALL WEST | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

セレマカップ 第52回京都少年サッカー選手権大会 JFA U-12 サッカーリーグ 2019 前期 西ブロックリーグ第2節

セレマカップ 第52回京都少年サッカー選手権大会 JFA U-12 サッカーリーグ 2019 前期
相変わらず長いの。。。


西ブロックリーグ第2節。
5月11日の土曜日。

前日の晩はU-10リーグの打ち合わせ、この日の晩は食育セミナー、次の日の晩が事業部会、月曜の晩は練習で、火曜の晩は深夜まで蹴り方教室(笑)

新年度はブログ書くぞーって思ってたのにほぼ1週間経ってもうた。。。



第2節は常磐野さんと太秦Bさん。
常磐野さんはU-11後期で合同だった宇多野さんとの合同解消ってことで規定に則り4部リーグなんですが、本来は上のリーグにいるはずのチーム。
太秦さんといえば京都の強豪チーム。以前は3チーム出しだったのが最近2チーム出しなので以前ほどの「Bとはいえ」ってのが無くなったかもしれないけど、それでも太秦さんだからね。
気を引き締めて。



まず試合前。

荷物をキレイに置こうとしたりと「やらなくてはいけないこと」はスンナリできますね。
6年生、ここはホントに問題ない。
(森コーチに言われたってのもあるらしいけど)
5_20190517233844d8e.jpg
ね?キレイ。


なんだけど、試合への入り方が相変わらずノンビリマイペース(笑)
とりあえずビシっと喝だけ入れて一気にアップして試合へ。

(逆に喝入れれるしこの入り方のほうが実はいいのか??笑)


一応テーマは与えたけど、それはそれ。
気にしすぎてゲームが崩れるのは避けたかったので、あまりこだわりませんでした。
(ホントは気にしなくちゃいけない)


結果から言うと
vs太秦B ドロー
vs常磐野 は惜しくも敗戦
1.jpg



第1節もそうだけど、昨年度より失点をすることがないですね。
常磐野さんとこの選手にチラっと「今日だれか休んでる?」って確認してみたけど、どうもそんなこともなかったようで。
とにかく失点は少ないことはいいことですね。






と、思っていましたがフレンドリーマッチでわかったことが一つ。

体力でカバーしている。

つまり動いてなんとかしている。

うん、少年サッカーっぽい。



まぁ、さっきの「満足していない」ってとこに帰結するのは、技術だけでなくサッカーをしているかどうかっていう点であり、結局はなんとか上手いことしてたわけで、体力がなくなると途端に穴が広がるってことでした。




他チームからの提案があったことを思い出し、暑い中、今回のフレンドリーマッチは30分ハーフ(25分だったかも)でゲームをしてみたんだけど、30分にした狙いや結果はともかく、失点をしなくなった理由がハッキリした点でやった価値はあったかなと。
2.jpg




ジュニア世代は数人の動きの良い選手がいれば、特に8人制なんかだとわかりやすいのですけど、試合がなんとかなってしまいます。

たとえ技術がなくても、単に走るスピードだったり、キック力だったり、身長だったり。
それだけでも違う。

フィジカル勝負で動けてしまえば多少のサッカーの力の無さをカバーできてしまうって感じです。かなり雑な表現ですけど。


まさに今がその状態じゃないかな。
決してサッカーの力が一気にアップしたってわけじゃないね。
(一気に、ではなく順調には上がってはきてますよ。)



まだまだ満足できませんね。
がんばりましょう!
7.jpg
この余裕っぷりが素敵。



4.jpg
そして本日の審判はこの方。
最近西ブロックのチーム、みんな知ってます笑

| U-12 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT